第14回新開地映画祭

新開地映画祭は、神戸新開地のまちと映画の魅力について発信。大人の女性が楽しめる、神戸を代表する映画祭です。

9月29日(金)より予約受付開始!2017年10月27日(金)・28日(土)

トップページ映画祭ブログ事務局からのお知らせ > 戦争と添い寝した不感症の女と虚無的な男たちを描いた骨太な「性」。

映画祭ブログ

2016.9.30

戦争と添い寝した不感症の女と虚無的な男たちを描いた骨太な「性」。

カテゴリー:事務局からのお知らせ, 女性限定Love&Erosシアター

みなさん、こんにちは。
新開地映画祭事務局のニシジマです。

 

第13回新開地映画祭、
本日9月30日(金)17:00~WEBサイト公開。
いよいよ予約がスタートします!!!!!

 

その前に、もう1作品紹介しなくてはなりません!

10月29日(土)18:45~
『戦争と一人の女』

2012年/ドッグシュガームービーズ/98分/R-18
監督:井上淳一/出演:江口のりこ、永瀬正敏、村上淳

戦争と一人の女
戦争に翻弄され、退廃的に生きる男女の生と性。
太平洋戦争末期、日本が焼けつくされるのを待望する男女がいた。元娼婦という経験から不感症になった女と、虚無に生きる作家の男――いわゆる負け犬人生を強いられた二人は「戦争が終わるまでヤリまくろう」と、その終末感を楽しむ。そしてもう一人、戦争で心が壊れてしまった片腕の帰還兵は、強姦殺人をすることでしか快楽を感じられなくなる。若松孝二の反骨精神を受け継いだ弟子の井上淳一。芸術のためなら脱ぐ江口のりこは日本映画界の天女だ。
(解説:廣田彩香)

—————————————–

 

不感症の女と虚無的な男の、空襲下の日々を描いた
坂口安吾の短篇が原作の映画。

 

「見たい映画がないのなら、自分たちで作ってしまおう」と
映画評論家で元文部官僚の寺脇研氏がプロデュース。
※寺脇氏は「ロマンポルノの時代」という本も出されるほど、
ロマンポルノにも造詣が深い人物です。

 

脚本は荒井晴彦、監督は若松孝二氏の弟子・井上淳一。
という」錚々たるメンバーでつくられたこの作品は、
骨太でいて、とても刺激的です。

 

戦争とエロス。

このテーマで描かれた映画はたくさんありますが、
実はこれまで新開地映画祭では避けてきたところがあります。

 

ですが、やはり切っても切り離せないテーマであり、
真面目にラブ&エロスをコンセプトにしている私たちとしては
ぜひ上映したいと考えました。

 

なにより、不感症の女を演じる主演の江口のりこさんが
虚無感たっぷりで、とてもいいんですよ。
こちらのインタビューでは「戦争と添い寝した女」と表現されていますが、
淡々と演じる役者っぷりにシビれました。
http://eiga.com/movie/77490/interview/

 

愛だったり、恋だったりの、とろけるようなエロスも
もちろん大好きなんですが、愛と生と性。
真面目にも、不真面目にも考えて、感じてみてもいいよね。

みんなのいいね!をお待ちしています!

ページの先頭へ戻る
ボランティア募集

新開地映画祭実行委員会

〒652-0811 神戸市兵庫区新開地3丁目3-11(新開地まちづくりNPO内)
TEL : 078-576-1218FAX : 078-576-1219E-MAIL : info@shinkaichi.or.jp

関連サイト

  • 新開地のオモシロ情報サイト「新開地ファン」
  • 神戸新開地音楽祭の公式サイトへ
  • 新開地土曜マルシェの公式サイト

Copyright(C)Shinkaichi Town Management Center All Rights Reserved.