第14回新開地映画祭

新開地映画祭は、神戸新開地のまちと映画の魅力について発信。大人の女性が楽しめる、神戸を代表する映画祭です。

9月29日(金)より予約受付開始!2017年10月27日(金)・28日(土)

トップページ映画祭ブログ事務局からのお知らせ > あの“チン事件”を映画化した日活ロマンポルノの大傑作に拍手喝采!

映画祭ブログ

2016.9.23

あの“チン事件”を映画化した日活ロマンポルノの大傑作に拍手喝采!

カテゴリー:事務局からのお知らせ, 女性限定Love&Erosシアター

みなさん、こんにちは。
新開地映画祭事務局のニシジマです。

 

金曜日の日活ロマンポルノナイト!
2本目紹介の前に・・・

日活ロマンポルノについて、おさらいしておきましょう!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
日活ロマンポルノとは、1971年、「日活」が経営難に陥った際、製作されたポルノ映画。青春映画黄金期を支えた助監督やスタッフたちが現場に残り活躍。「10分に1度、ハダカかセックスシーンがあればよい」という枠組みのなかで、知恵と技能を集結し、低予算でも挑戦的な作品が数多く生み出されました。

現在活躍する名監督も多数、その一翼を担い、「主役になれるなら」と演技を磨いた女優たちは、数多く現役で活躍しています。1998年までに約1,000本が製作され、新開地映画祭でもそのなかから秀作を上映しています。

 

 

日活ロマンポルノがスタートした同じころ、
映画街だった新開地が同じように衰退し、
それでも腐らず、いまなお「B面の神戸」として
活気を取り戻そうとしているのは、日活さんの歴史と
重なるところがあります。

そんな意味もふくめ、新開地映画祭では、
敬意をこめて日活ロマンポルノを上映しています。

 

ちなみに、
ことしは日活ロマンポルノが45周年ということで、
数々の作品が映画館で上映されるようですよ~。

 

それでは、作品紹介にまいります。

 

 

10月28日(金)20:10~
『実録阿部定』

1975年/日活/76分/R-18
監督:田中登/出演:宮下順子、江角英明、坂本長利

実録阿部定

(c)日活

定の人生、オンナなら身につまされる?
「もう帰しはしないよ…」。あまたの偽名を作っては捨て世を流れてきた女は、旅館の一室で愛する男と呆れるほど性交を重ね、一心同体を味わうことで“一人の人間”となる。しかし愛とは実体なきもの。男を殺し、切断した局部を独り占めすることでやっと“阿部定”という名前を取り戻すのだ……。事件当時は鬼霊の妖婦や魔女と騒がれた安部定だが、奇行なくしては実存感が得られなかったのだろう彼女の、哀しい人生の渇きにまで迫る大傑作。

(解説:廣田彩香)

 

————————————–

阿部定を映画化した作品といえば、
新開地映画祭でも上映した大島渚監督の
『愛のコリーダ』が有名ですが、

なんの、こちらの阿部定、なんといっても
“ロマンポルノ”の代表女優、宮下順子さんが演じており、
さらに監督は、ロマンポルノのエースで
シュール表現のカリスマ・田中登監督です。

 

※ちなみに、第3回新開地映画祭では
このお2人がタッグを組んだ『屋根裏の散歩者』を上映し、
宮下順子さんにもトークショーに登壇いただきました。

 

定と吉蔵のからみのシーンもそれは素晴らしいのですが、
局部を切り取ったあとの定を演じる宮下順子さんの表情が
なんとも言えません!

 

 

『愛のコリーダ』を観た人にも、
日活ロマンポルノファンにも、とにかく観てほしい大傑作です。

 

みんなのいいね!をお待ちしています!

ページの先頭へ戻る
ボランティア募集

新開地映画祭実行委員会

〒652-0811 神戸市兵庫区新開地3丁目3-11(新開地まちづくりNPO内)
TEL : 078-576-1218FAX : 078-576-1219E-MAIL : info@shinkaichi.or.jp

関連サイト

  • 新開地のオモシロ情報サイト「新開地ファン」
  • 神戸新開地音楽祭の公式サイトへ
  • 新開地土曜マルシェの公式サイト

Copyright(C)Shinkaichi Town Management Center All Rights Reserved.