第14回新開地映画祭

新開地映画祭は、神戸新開地のまちと映画の魅力について発信。大人の女性が楽しめる、神戸を代表する映画祭です。

9月29日(金)より予約受付開始!2017年10月27日(金)・28日(土)

トップページ映画祭ブログ事務局からのお知らせ > ニッポンのジャンヌ・ダルク、杉本彩さんが我が肉体を捧げた耽美的世界「花と蛇」シリーズ。

映画祭ブログ

2015.9.26

ニッポンのジャンヌ・ダルク、杉本彩さんが我が肉体を捧げた耽美的世界「花と蛇」シリーズ。

カテゴリー:事務局からのお知らせ, 女性限定Love&Erosシアター

みなさん、こんにちは。
新開地映画祭事務局のニシジマです。

 

上映作品の予約開始から1週間。
思っていた以上のスピードで予約が入ってきており、
事務局一同、うれしい悲鳴を上げております。

 

 

 

とくに、杉本彩さんゲストの
「花と蛇2 パリ/静子」は、あっという間に
満席になりそうな勢いですので、どうぞお早めに!

 

杉本彩さんがゲスト出演くださるということで、
今回、「花と蛇」シリーズ2作品を連続上映します。

 

 

このシリーズについて、
映画ライター・廣田彩香さんが解説してくれました。
予約の際の参考にしてくださいませ~!

 

 

★【花と蛇】シリーズとは・・・
「女性の生き方を開放」すべくニッポンのジャンヌ・ダルク、杉本彩が我が肉体を捧げた特濃SMシリーズ。彫刻のように美しい肢体、エロスの万華鏡を覗くような眩暈がするほどハードタイプな耽美的世界…。“姐さん”のあまりに眩しいパンク精神に、オンナの本当の美しさ<強さ>を知る。
花と蛇花と蛇2

 

『花と蛇』 10月24日(土)13:30~
2003年/東映/115分/R-18/原作:団鬼六/監督:石井隆/出演:杉本彩、野村宏伸、石橋蓮司
花と蛇
(C)東映ビデオ株式会社
「体当たり」という言葉では足りないエロス革命。
貞淑な令夫人・静子は夫の借金のカタとして、性者が行進する官能遊戯の世界にその肉体を売られる。天狗仮面で責められ放尿、秘所にくい込む荒縄……なによりも吊るされたままの緊縛はアクション以上の激痛が走ったというが、「私の辞書に“逃げる”という文字はない」とオンナのサラシをきつく巻いた彩姐の根性をとくと!

 

 

※ゲスト招待上映
『花と蛇2 パリ/静子』 10月24日(土)16:00~
2005年/東映/113分/R-18/原作:団鬼六/監督:石井隆/出演:杉本彩、遠藤憲一、宍戸錠花と蛇2

(C)2005 東映ビデオ

愛の表現者・杉本彩が、オンナの心も丸裸にする。
剥き海老ころがしなどアブナイ春画の絵図を再現させられる女――すべては愛のためだった。二作目の静子は美術評論家の妻。パリに住む画家と情愛の炎を上げるが、それは欲望にとり憑かれた男たちの罠で…。自らカラダに鞭をあて、悶えながら衣を裂き、自我の枷を外す静子。どんなセックスを観るよりも“女が感じる”シーンにとろり。

 

 

どちらの作品も、杉本彩さんがとても美しく、
肉体美、映像美、そして物語も楽しんでいただけるハズ!
※この作品を観ながらワタクシ、
「彩さん、キレー!」と何度も何度もつぶやいておりました。

 

 

作品に連続性はないので1作品だけ観るもよし、
2作品続けて観るもよし。
ご自由にお選びいただければと思います。
※ただし、ゲスト招待上映は「花と蛇2 パリ/静子」です。
ご予約の際はくれぐれもご注意ください!!

 

 

みんなのいいね!をお待ちしています!

ページの先頭へ戻る
ボランティア募集

新開地映画祭実行委員会

〒652-0811 神戸市兵庫区新開地3丁目3-11(新開地まちづくりNPO内)
TEL : 078-576-1218FAX : 078-576-1219E-MAIL : info@shinkaichi.or.jp

関連サイト

  • 新開地のオモシロ情報サイト「新開地ファン」
  • 神戸新開地音楽祭の公式サイトへ
  • 新開地土曜マルシェの公式サイト

Copyright(C)Shinkaichi Town Management Center All Rights Reserved.