第14回新開地映画祭

新開地映画祭は、神戸新開地のまちと映画の魅力について発信。大人の女性が楽しめる、神戸を代表する映画祭です。

9月29日(金)より予約受付開始!2017年10月27日(金)・28日(土)

トップページ映画祭ブログ女性限定Love&Erosシアター > 10月23日(金)。金曜夜は前夜祭!ロマンポルノナイトです!!!

映画祭ブログ

2015.9.3

10月23日(金)。金曜夜は前夜祭!ロマンポルノナイトです!!!

カテゴリー:女性限定Love&Erosシアター

みなさん、こんにちは。

新開地映画祭事務局のニシジマです。

 

 

第12回新開地映画祭では、
ラブ&エロス(※女性限定)がテーマの映画を
なんと8作品も上映しちゃいます。

 

ことしは特に、作品選びに妥協がなく、
本当に女性に観てほしいと思える作品ばかりを
揃えたつもりです。

 

まずは10月23日(金)。
金曜夜は前夜祭!『ロマンポルノナイト』と題して、
日活ロマンポルノの名作、2作品を上映します!!!

 

19:00~「さすらいの恋人 眩暈」
1978年/にっかつ/74分/R-18/監督:小沼勝/出演:小川恵、北見敏之、高橋明

さすらいの恋人・眩暈(c)
(C)日活

幸せになるため、愛の行為に値段をつけた。
日活ロマンポルノを代表する四大監督の一人、耽美派と呼ばれた小沼勝(74年版『花と蛇』監督)による、とびきり可愛いらしい青春映画。セックスを見せ物にする“白黒ショー”で借金を返済しつつ、いつか訪れる穏やかな暮らしを夢見るカップル。マダムの屋敷で、男たちが鮨をつまむ酒宴で、スキモノにジロジロと見られながらも多幸感に包まれたまぐわいを重ねる二人…。社会のはみだし者にいつだって優しい視線を向ける、それがロマンポルノなのです。
(作品解説:廣田彩香)

 

 

ワタシがこの作品を観たのは、もう何年も前のこと。
いつか上映したいと思っていました。
日活ロマンポルノの名匠・小沼勝監督らしい、
切なくもあり愛しくもある美しい作品です。

 

挿入歌・中島みゆきの「わかれうた」が
なんともいえず心に残ります。

 

日活ロマンポルノの空気感が好きな方、
日活ロマンポルノを観たことのない方にも、

ぜひ観てほしい作品です!

 

※作品予約は9月中旬ごろから。
もうしばらくお待ちください~~~。

 

みんなのいいね!をお待ちしています!

ページの先頭へ戻る
ボランティア募集

新開地映画祭実行委員会

〒652-0811 神戸市兵庫区新開地3丁目3-11(新開地まちづくりNPO内)
TEL : 078-576-1218FAX : 078-576-1219E-MAIL : info@shinkaichi.or.jp

関連サイト

  • 新開地のオモシロ情報サイト「新開地ファン」
  • 神戸新開地音楽祭の公式サイトへ
  • 新開地土曜マルシェの公式サイト

Copyright(C)Shinkaichi Town Management Center All Rights Reserved.